ウォーキング

体脂肪を落とす運動「有酸素運動」と「無酸素運動」効果的なのはどっち?

kenbisozo30 私達の体に中に蓄積されている体脂肪を効率よく減らすためには、やはり、運動を行うことが一番の近道です。
と言っても、やみくもに体を動かせばいいと言う訳ではありません。

体脂肪を減らすのに適した運動をすることによって、より効果的に減らす事が可能となります。

それでは、一体どんな運動をすると効果的に体脂肪を燃焼させることができるのでしょうか。

有酸素・無酸素運動の特徴を知って効率的な脂肪燃焼

よく言われているのが、「有酸素運動」を行う方法ですね。

運動は有酸素運動」「無酸素運動」とに大きく分けられています。

有酸素運動の特徴と運動の種類

「有酸素運動」とは酸素を体の中に取り入れながら行う運動の事で、あまり負荷のかからず長時間一定したリズミカルなことが特徴です。

例えば、ウォーキングやジョギング、エアロビクス、水泳、サイクリング等が挙げられます。

kenbisozo-ran
器具を使った有酸素運動

器具を使った室内での「有酸素運動」もかなり流行っており、エアロバイクや(ウォーキング・ランニング)マシーン、ステッパー、踏み台昇降、ワンダーコア、家庭用トランポリンなど沢山のものがあります。

kenbisozo-ear
特徴と注意

「有酸素運動」の特徴は、運動している最中に呼吸によって取り込まれた酸素と一緒に、直接脂肪を燃焼することが出来るところです。

ただし、燃焼させるためには、体内にある糖分を先に使い切る必要が ある為に、10~20分以上運動を続ける必要があるので注意します。

無酸素運動の特徴と運動の種類

反対に、「無酸素運動」とは、有酸素運動のように酸素を必要としない運動で、速い動きがあったり負荷の高いものです。

例えば、筋力トレーニングなどの重たいダンベルを持つような呼吸を止めて行う運動 は、「無酸素運動」といえるでしょう。

42-15530101
無酸素運動の方法

「無酸素運動」によるトレーニングは、筋力を高め体型を整えます。

他にも、力を使う比較的短い時間で行うマシーントレーニングスクワット腕立て伏せ短距離走などがあります。

kenbisozo-msn

さらに、筋肉量が増えることで基礎代謝も高くなり太りにくい体質に変え、ダイエット後のリバウンドしにくい体になります。

有酸素運動と無酸素運動どちらが体脂肪を燃焼できる?

運動しながら酸素と同時に脂肪燃焼する「有酸素運動」と筋肉量を増やし基礎代謝を上げて徐々に脂肪を減らす「無酸素運動」の両方を取り入れるのがもっとも良い方法です。

しかし、そうとう頑張らないと中々、長続きは困難です。

では、どちらを選択するのが良いかといえば「有酸素運動」です。

有酸素運動を選ぶ理由まとめ

なぜなら「有酸素運動」は、時間継続できる軽めの運動で効果を発揮することができるからです!

「有酸素運動」は呼吸が十分楽で、長い時間継続できるぐらい軽めがいいです。
軽めの運動は糖質と脂質の両方をエネルギーとして使用します。

ゆっくりと行う「有酸素運動」は、身体の循環機能や脂肪を燃焼させる機能を 向上してくれます。

景色を見ながらのウォーキングや会話をしながらの軽いジョギングでも、 脂肪燃焼させる効果は十分にあります。

体脂肪を減らすには、激しい運動を行うよりも軽い運動を定期的に継続 したほうが、効果が高いのです。
ですので、ご年配の方や運動が苦手な人でも、体脂肪が気になったら是非軽めの 「有酸素運動」にチャレンジしてみては如何でしょうか。