バストアップ

男性は何故大きなバストを好む!女性はそれを本能的に知っている?

彼氏に好かれるバストとは?

サルは、妊娠期と育児期のみお乳が大きくなるのですが、人間の女性は成人型になってからは常に大きなバストを維持しています。

これは、男性へのアピールのためではないかとも言われています。

女性のバストが成長し始めるのは、思春期の8歳位からで最も大きく、綺麗な形の成人型になるのは、10代後半から20代前半であり、この時期には、バスト辺りから男性を引きつけるような女性らしい独特の匂いが分泌されて、男性の本能を刺激しているようです。

20代前半に成人型となったバストも、20代後半には早くも崩れだして行くといわれます。

また、全てではないのですが妊娠や出産を経験し授乳経験などがあると、女性のバストは、比較的弾力のない垂れたバストになりやすいようです。

ですので、バストは大きさだけでなく垂れ乳で形が崩れていない、張りがあることが大切なのです。

そして男性は、女性の張りのある大きなバストに魅力を感じ、本能的に子孫を残し得ることができるかを判断しているとも言われます。

女性も大きなバストが好まれるのを知っている!?

近頃では、栄養過多や栄養バランスの悪い影響でダイエットを行う女性が多く、ダイエット器具やダンス・エクササイズ・食事ダイエットなど様々なダイエット方法で脂肪を落とすのに励んでいます。

太っている方の、バストが大きいのは当たり前なのですが、体脂肪を落としてもバストの脂肪だけは落としたくないと思う女性も少なくはないはずです。

これは、女性自身も男性が大きなバストを好む傾向が強いことを、本能的に知っているとも言えます。

しかしながら、男性が小さなバストよりも大きなバストを好む理由が、本能によるもの以外に母親の愛情を感じたり、自分にないものを求めているのではないかという説もあります。

まずは情報収集で自分にあう方法を探す!

テレビや雑誌で芸能人やモデルが豊かなバストで胸元が大きく開いた服を着ていると、男性のみならず女性も気になるものです。

特に胸元に自信のない女性は年中気にしているようですが、やはり春を過ぎて露出の多くなる夏には、どうしても胸元が開いた服を着るようになりますから、バストの大きさや形が気になってしまいます。

周りの女性の豊かなバストをチラッと横目で見て、自分のバストと比べてみたりしてませんか。

簡単でしかも、効果的なバストラインを作る方法はないものかと思ってみたりもします!

バストの大きさや形が人によって違うのは何故なんでしょうか?

女性のバストは、容積の90%が脂肪組織で10%が乳腺から出来ています。

胸の大きさを決めるのは、乳腺の発達の具合だと言われているのですが、乳腺を発達させるには、女性ホルモンの充分な分泌が必要になってきます。

女性ホルモンが多く分泌されれば、身体に脂肪が付きやすくなるのですが同時にバストも大きくなっていきます。

これが、バストが大きくなる仕組みです。

バストを整えるには悩みの分だけ様ような方法がある!

胸を大きくしたいとか、バストラインを整え谷間を作りたいとか、ビキニ姿が綺麗になりたいなど人によって悩みもまちまちです。

悩みの違いの分だけ様々な方法があり、様々な情報が流れています。

自分に一番あった方法で取り組むことが確実なバストアップにつながると思います。

まずは、情報収集をすることをお勧めします。

バストアップのための2つの方法!違いは!!

バストアップやバストラインを整えるには様々な方法があり、美容整形外科の豊胸手術を受けるのもバストアップの一つですし、自宅で、マッサージやサプリメントを用いて取り組むのも一つの方法です。

美容整形外科では、胸にシリコン製バッグを入れたり、他の部位から取った自分の脂肪を注入するなどのいわゆる豊胸を行なったり、女性ホルモン注射することによってバストアップを目指す方法がよく行なわれています。

ただ、そこまでの勇気とお金がなかなか出せない場合には、自宅で時間をかけてバストアップする方法もありです。

A・Bカップを1サイズや2サイズ又、DカップやEカップ以上の巨乳にサイズアップするバストアップ方法は多数あり、大きくわけると二つに分けることができます。

一つめの方法

自宅で行うマッサージや体操・サプリメントを飲む方法

この方法でバストを2サイズ以上アップするには、毎日続けることが重要なので自身のやる気が必要です。

そして、女性ホルモンはバストの大きさを左右する大切な関係です。
卵巣から分泌される女性ホルモンは、乳腺を刺激することでバストを大きくします。

サプリメントのプエラリアには、女性ホルモンである「エストロゲン」を増やす効果があるので、バストアップを促すようです。

しかし食生活や生活習慣のみだれで、脂肪の蓄積から肥満を誘発し代謝を落としてしまい、代謝が落ちることで女性ホルモンのバランスが崩れ、乳腺に影響を及ぼすことになります。

バストアップ法を自宅で実施する場合には、女性ホルモンのバランスを崩さずに行なわなければなりません。

女性ホルモンのバランスが整わなければ、サプリメントを摂取して毎日体操を行っても、効果は薄いものとなります。

女性ホルモンの減少を妨げるものに、適度のストレスや不規則な生活、過度なダイエットが上げられますので十分気を付けなければなりません。

他にも、乳房の血行を良くするバストのマッサージも効果的でしょう。

バストの血行が良くなると乳腺が刺激され、バストアップすることができます。

マッサージをする際、プエラリアなどのバストアップ成分が含まれたクリームやジェルを使うと、より一層効果的です。

二つめの方法

美容外科など病院で、ヒアルロン酸注入やバック挿入などの手術をする方法

即効性や確実性を求める女性は、こちらのバストアップ法を選ぶことが多いのですが、かなりの費用がかかりますし、副作用が起きる危険性もあります。

なので、信用のできる美容外科なのか十分すぎほど調べてみる必要があります。

【豊胸手術】ヒアルロン酸注入法の流れと費用・リスク 日帰りプチ豊胸手術ヒアルロン酸注入法 ヒアルロン酸注入法の豊胸手術は、プロテーゼ法の切開手術と違い、胸は大きくしたいが体に大きな傷...
【豊胸手術】バッグプロテーゼ法のバッグの種類と手術方法 豊胸バッグを胸に入れる豊胸術バッグブロテーゼ挿入法 豊胸術は大きく分けて3種類ありますが、中でも最もポピュラーなものは、豊胸バッグ...