O脚・X脚

【動画】骨盤引き締め体操!誰でも効果を実感しかも無料

骨盤を引き締めれば身体全体も引き締まる!

骨盤は、身体の中心に位置する動きの要であり、スタイルアップの重要なポイントです。

お尻まわりの筋肉や太もも・姿勢を維持する大腰筋などが凝り固まってくると骨盤の動きも悪くなり、姿勢の悪化はもちろんお腹が出てきたり、代謝も落ちて太ってしまいます。

ここでは、凝り固まった筋肉を体操でほぐし、しかも骨盤を引き締めてヒップアップもできる動画をご紹介します。

ダイエットを意識している人にも大変有効な方法で、身体も引き締まるので試しにやって見てください。

筋肉が凝り固まると身体は動かない!

こりのストレッチで、固くなった筋肉がほぐれたら体も動きやすくなります。

簡単骨盤矯正!凝り固まった骨盤周辺をほぐす5つの基本ストレッチ骨盤ほぐしは、骨盤周辺の凝り固まった筋肉をほぐして伸縮性を取り戻すことで自由に動く骨盤を取り戻します。骨盤は、下体の土台であり上半身への...

体の筋肉には必ず拮抗筋があり、片方が固く強ばってくるとこの筋肉の反対に位置する筋肉は伸びて収縮力を失ってきます。

若い人なら固くなった筋肉をほぐすと反対の伸びきった筋肉も、直ぐに、または少し時間を置いて弾力が回復することがよくあります。
年配者の人は、やはり収縮力を失っていることが多いです。

ですので、伸びて弾力のない筋肉を引き締めてしなやかに動く身体変えていきましょう。

若い人でも、運動に縁がないなら筋力不足は目に見えています。
しっかり筋肉を引き締め、柔軟性を取り戻し代謝を上げて、スマートなボディーを取り戻しましょう。

しなやかな身体を取り戻す引き締めエクササイズ!

女性なら骨盤低筋群を引き締めるのは重要!!

この筋肉群が弱体化すると外見的は骨盤が開き、女性らしい丸みのあるハート型の骨盤から四角型の骨盤になり、O脚へと変わってしまいます。

又、内面的には尿漏れを起こしやすくなります。
男女の骨盤低筋の違いもありますが、男性の場合、肛門を締めると尿道も締まるのですが、女性の場合肛門を締めても尿道との間に膣があるので締まりません。

それを補うのが骨盤低筋群です。(下の写真右側)

kenbisozo-5-1-dai
出産経験者や便秘がち・閉経が近くなっている人は特に骨盤低筋群のエクササイズをお勧めします。

動画を見て始めてみよう骨盤体操

1.骨盤低筋群引き締めエクササイズ

骨盤低筋群の引き締めを立位や座位・寝たりのワンモーションで行うのではなく、呼吸を取り入れリズムに合わせて行うので楽しくエクササイズができます。

動画となっていますので、身ながら一緒にエクササイズを行って見て下さい。
分かりずらい、やりにくいところは2回3回と見ていくうちに覚えていくと思います。

<骨盤と股関節の深層筋(骨盤低筋群)を鍛える>

 

2.お尻を引き締めヒッアップ・美尻効果のあるエクササイズ

ここでは、お尻の引き締めを重点に行います。

足首・膝・股関節の全部を使いながら、股関節の屈曲・伸展・回旋・内外転を行うことで骨盤矯正はもとよりO脚矯正効果も生まれます。

<お尻をヒッアップ・美尻に変えるエクササイズ>

 

1と2の複合 骨盤低筋群を引き締めヒッアップするエクササイズ

上記1と2の複合エクササイズ。
1と2がうまく出来るようになったら、こちらの複合エクササイズを行ってみましょう。

このエクササイズだけでも、かなりの運動量になりますので終わった後はスッキリ感があります。
身体の中でも一番大きな筋肉が付着する股関節から、普段使っていない骨盤の深層筋に刺激を与えるので身体の動きやすさが格段とUPすること間違いなしです。

<お尻の深層筋を鍛えヒップアップするエクササイズ>

骨盤体操まとめ

楽しく、リズムに合わせて体操ができたでしょうか!
この体操、普段の生活に取り入れて見てはいかがですか。

きっと良い汗がかけ、効果も実感できると思います。