ダイエット

肩甲骨ダイエット!1日に5分でジムに通ったほどの痩身効果

kenbisozo-kenk4

肩甲骨は上半身の要!ダイエットには欠かせない

ダイエットと言えば、どうしても骨盤ばかりに目が行きがちですが、上半身の要の骨である「肩甲骨」も代謝やダイエットには欠かせない存在です。

骨盤と連動して動くこの骨は、鎖骨や肋骨・腕に繋がっているため胸・背中と大きく関わり姿勢や呼吸・腕の動きに影響を与えます。

ですので、肩甲骨の動きを整えることは、姿勢改善や呼吸改善となり脂肪燃焼の手助けとなるのです。

エクササイズ方法は後ほどお伝えしますが、まずは肩甲骨とは何処にあり、どのような役割をするのか、知っておいた方が運動効果も上がりますのでお伝えします。

肩甲骨を理解しエクササイズ効果を上げる!

肩甲骨に付着する筋肉

「肩甲骨」は、上半身上部の裏にある貝殻上の骨で左右二枚付いています。
※下図参照

体と繋がるのは唯一鎖骨のみで、肋骨の上を浮遊した状態で筋肉だけで保持しているため、筋肉が硬化すると歪みの癒着を引き起こしてしまいます。

クリニカル・マッサージ

直接、肩甲骨に付着する筋肉は写真にある僧帽筋と肩甲挙筋・大小菱形筋などがあります。

特に僧帽筋は大きな筋肉で上・中・下部と三つからなり、上部の起始は頭部の上項線から停止は鎖骨の外側に付きます。

中部は第6頚椎~第3胸椎から肩甲骨の肩峰と肩甲棘の上面、下部は第4~第12胸椎から停止は肩甲棘の内端に付着しており、肩甲骨を上下・上回旋・引く・頭部の伸展・回旋の作用を行います。

この僧帽筋が凝ってくると、耳から側頭部や後頭部・肩甲骨間・腕の外側に痛みが表れ不快感がでてきます。

肩甲骨が固まってさびつくと代謝の悪い体になる!

「肩甲骨」は、腕や肋骨・鎖骨と連動し上下・左右・内外(上記写真の水色と黄色の矢印)に自由に動くことが できますが、毎日の事務・パソコン作業などで肩甲骨が開き固まってしまうと、 肩が前に出て周辺のたくさんの筋肉の動きが悪くなり、猫背やあごを突き出 した格好になります。

これにより肋骨も下がり、自然な呼吸がしずらくなり自立神経に影響したり、 内臓下がりの下腹ぽっこりの体系になってしまいます。

また、発見!ダイエット業界が注目する「ベージュ脂肪細胞」の痩身効果で述べたように脂肪を燃やす働きのある褐色脂肪細胞は、肩甲骨間や鎖骨周辺・脇の下あたりにあるので 肩甲骨が固まってさびついてしまうと代謝の悪い体になります。

肩甲骨は姿勢改善にも効果的!

肩甲骨をよく動かして刺激をあたえることは、ダイエットや姿勢改善・ バストアップに効果的なのです。

※下の写真を見てください。 一ヶ月肩甲骨エクササイズ実践後の左がbefore右がafterです。
前上に入っていた肩が戻り、首のラインと揃っています。
バストアップされ下腹がへこみ、ヒップアップされた良い姿勢です。

この様に、肩甲骨が正しい位置に戻ればグッと見た目も良くなり、機能面でも首や肩が前から後ろへと戻ったため、長年の肩凝りの症状も解消されます。

さびつき肩甲骨の問題で起こる体型崩れと症状

【体型崩れ】
・猫背
・バスト下がり
・下腹部ポッコリ
・タレ尻(ヒップが下がる)
・二の腕に脂肪が付く
・肩が前に入る
・ストレートネック
・肘が内側に回旋
・顔面筋が下がる
・顎の異常

【主な体の症状】
・肩凝り
・首凝り
・首の伸展異常(後ろ向きが辛い・出来ない)
・腕のしびれ
・呼吸が浅くなる
・咳や喉
・自律神経に影響
・基礎代謝の低下

肩甲骨エクササイズで得られる3つの効果 

1)体重の減少やスタイルの改善を実感できる。       

2)食事制限や無理な運動を続けなくてもダイエット効果がある。

3)エクササイズは簡単で、子供からお年寄りまで誰でも何処でも手軽に出来、長続きしやすく首や肩凝りなど長年の症状の改善に繋がる。

肩甲骨ダイエットにはこんな効果もあります! 

「体調も良くなり、肌艶よくなる」

「肩甲骨ダイエットは“健康的に美しく”がコンセプトだったので、 安心して取り組める」

「運動嫌いの簡単なトレーニングなので続けられる」

「食事制限や運動が苦手な女の子にはとってもお勧めのダイエット方法」

「肌荒れや生理痛が良くなる」

「リバウンドがない」

「肩甲骨を動かせば痩せるという言葉にしっくりきにくいが、たった1週間程で服が緩くなる」

「無理なダイエットで身体はボロボロでも、このエクササイズは楽に続けられる」

このような理由で、この方法は食事制限や運動嫌いの方でも続けられる程度の運動であり、肩甲骨がダイエットに対して重要な要素であることがわかると思います。

そういう意味では、この肩甲骨ダイエットは理想的なスタイル(ダイエットの成功とバストアップ)を手に入れたいあなたにお勧めのものだといえます。

肩甲骨をはがすエクササイズを実際にやってみる!

肩甲骨のストレッチの基本は、上記の肩甲骨の写真にある6方向の動きをつけることです。

「上下・左右・回旋の動き」です。

ですので、やり方はこの6方向の動きを取り入れればどんな方法でも、実際には良いと言うことになります。

ただ、肩甲骨周辺の動きを良くすることはもちろんですが、肩を前に出してしまう原因には、全面の大小の胸筋や腕の二頭筋又、広背筋、菱形筋が大きく関わっていますので、ここにも意識したストレッチを行いましょう。

タオルやストレッチボール・バランスボール・ダンベルなど物を使って行うのも効果的です。

とは言え、やはりやり方を知るほうが早いと思いますのでご紹介します。

動画で肩甲骨エクササイズを学びましょう!

こちらの動画は、モデルのアンミカさんが行っている肩甲骨のエクササイズです。
ストレッチの基本の6方向の動きを取り入れたエクササイズで、やり方を詳しく説明されており簡単で誰でもできます。

動画は、以下のような構成になっています。

1.肩甲骨の上下の動き
2.肩甲骨の前後の動き
3.肩甲骨の回旋の動き
4.最後に肩甲骨をリラックスさせるストレッチ

簡単ですが、しっかり肩甲骨の動きを意識して行ってみましょう!

別の動画として「所さんの学校では教えてくれない」の番組にも肩甲骨体操が 取り上げられていました。
時間が有れば参考に見てください。

肩甲骨エクササイズまとめ

現代社会に多い猫背や肩凝りは肩甲骨が固まって起こってきます。又肩甲骨は骨盤とも連動して動いていますので肩甲骨がスムーズに動かないと骨盤まで固まるのです。

肩甲骨・骨盤の固まりが余計な贅肉を付けさせ、スタイルの悪化に繋がります。そして、肩甲骨周辺は身体の中でも一番代謝を上げる場所でもあります。

その意味で肩甲骨ダイエットは、肩こりや猫背を治しながらも理想的に痩せることが出来る方法だと言えます。