バストアップ

【豊胸手術】バストで悩みの最終手段!種類のメリット・デメリット

健美爽造・バスト計測

豊胸手術はバストの悩みの最終手段

バストアップの悩みを解決する最終手段が、豊胸手術だと言われています。

バストアップの手術は、バストを大きくキレイにする手術です。

バストアップの手術には、シリコンを体内に入れるプロテーゼ法」をはじめ、余分な脂肪をバストに注入する「脂肪注入法」、ヒアルロン酸を注入して形や大きさを整える「ヒアルロン酸注入法」などがあります。

一般的に、プロテーゼ法にてバストアップ手術を行うことが多いです。

プロテーゼ法バストアップ手術

<プロテーゼ法>では、シリコンバッグを乳房の中に入れるため、バストの大きさを自由に調節しやすいことから、人気を集めています。

プロテーゼ法は、シリコンバッグ豊胸やインプラント豊胸とも言います。

ただ、プロテーゼ法で使用するシリコン製のバックは生理食塩水で、10年程で寿命が切れてしまうため、大きなバストを保つためには再手術が必要なのがデメリットと言えるでしょう。

豊胸手術と聞くと、怖いとか不安とか大変だとか、マイナスのイメージを持ちがちかもしれません。

でも最近では、日帰りOKで手軽に受けられるプチ豊胸手術が、若い女性を中心に人気です。

プチ豊胸手術

<プチ豊胸手術>と呼ばれているバストアップ手術は、バストに特別な光を当てて脂肪細胞を活性化させる方法やヒアルロン酸・自分の気になる部分の脂肪を注入する方法が多いです。

メスを使わないため、自分の体を傷つけることなく行える施術であり、料金設定も低くなっているので、多くの雑誌やTV番組でも紹介されています。

豊胸手術は信頼あるクリニックを選ぶ

バストアップの手術は、ほぼ確実にバストアップできますが、信頼できるクリニックを選ぶことが何よりも重要です。

後遺症についてもよく調べて、慎重に判断することをおすすめします。

【豊胸手術】バッグプロテーゼ法のバッグの種類と手術方法 豊胸バッグを胸に入れる豊胸術バッグブロテーゼ挿入法 豊胸術は大きく分けて3種類ありますが、中でも最もポピュラーなものは、豊胸バッグ...