バストアップ

【豊胸手術】ヒアルロン酸注入法の流れと費用・リスク

健美爽造・バスト

日帰りプチ豊胸手術ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注入法の豊胸手術は、プロテーゼ法の切開手術と違い、胸は大きくしたいが体に大きな傷をつけるのには抵抗感がある又、手術後のケアが面倒な人にはこの方法がよく選ばれます。

<ヒアルロン酸注入法のメリット>

・体にメスが入らない。
・バストアップが手軽にできる。
・左右の大きさの違いを揃えたい。
・ワンサイズだけ大きくしたい。
・休みを長く取らなくてよい。

ヒアルロン酸注入法の豊胸手術の流れを見てみましょう

【手術前】

・医師と豊胸手術のカウンセリングを行います。

健美爽造・カウンセリング

基本的には、どの手術方法で行うのかを決めていきますが、今回はヒアルロン酸注入法を選択します。

カウンセリングでは、自分の希望や疑問点・不安点などを話したり説明を聞いたりします。

又、現在の状態の計測をし、シュミレーションを行い医師とイメージの共有を行います。

希望の大きさに合わせてヒアルロン酸の入れる場所や、量を確認します。

【手術当日】

・ヒアルロン酸注入部位にマーキングして、痛みの無いように局所麻酔をおこないます。

・形を整えながら、極細針で乳腺下にヒアルロン酸を注入。

・注入時間は、20分から30分です。

http://www.garden-clinic.net/http://www.garden-clinic.net/

【手術後】

・注射跡に絆創膏を貼って終了。

・医師のチェックが終われば、そのまま自宅へ帰れます。

ヒアルロン酸注入法は簡単で、次の日から普段の生活に戻れますので、体への負担が少なく授乳や出産に影響しません。さらに、バッグブロテーゼ挿入法はアフターケアにマッサージの必要性があるのに比べ、ヒアルロン酸注入法は省略できます。

このように、良いことばかりの方法のようですが、デメリットもあります。

ヒアルロン酸注入法のデメリットとリスク

・注入後の効果は2年間。
・2サイズも3サイズも大きくするのには不向きです。
また、ヒアルロン酸を一箇所に注入すると酸素不足により、しこりが出来たりすることもあります。

バッグブロテーゼ挿入法は効果が10年ほどなので、費用対効果の面も検討しなければなりません。

ヒアルロン酸注入法は、バストに悩む人には、抵抗が少なく取り組める手術ですが、メリットもデメリットもあるので、医師と十分にカウンセリングを行ない納得の上で、くいが残らない方法を選択しましょう。

【ヒアルロン酸注入豊胸の料金相場】

体型や現在の大きさにもよると思いますが、1カップをワンサイズ大きくするのにヒアルロン酸が約60~100ccが必要です。

美容クリニックでは、だいたい1ccあたりの値段が表示されていますが、実際は一本10ccの注射器ですので最低が10cc単位の使用になります。

1ccあたりの平均相場が約3500円とすると60cc~100ccで21万~35万、両胸だと42万~70万になります。

豊胸術の中では、安いとはいえかなりの金額です。

美容クリニックでも値段がまちまちですので、安ければ良いだけでなくクリニックの情報もしっかり入手して、アフターや手術もしっかりしたところを選ぶことが大事です!