バストアップ

バストアップに良い食べ物は!女性ホルモンはこの成分で活発になる

016

バストアップに効果のある食べ物

タンパク質

タンパク質には血液や筋肉を作り、女性ホルモンの働きを活発にしてくれる効果があると言われています。

タンパク質には動物性と植物性のものがありますが、基本的には両方をバランスよく摂取することが大切です。
極端に太っている人は、動物性タンパク質の摂取を控えめにしましょう。

動物性タンパク質は、チーズ・ヨーグルト・牛乳・肉・魚・卵に多く含まれており、植物性タンパク質は豆乳・豆腐・納豆などの大豆製品に多く含まれています。

大豆

大豆製品にはイソフラボンも多く含まれているので、バストアップにより効果的です。

「エストロゲン」の分泌を即す食品として、ひじき、ぶどう、梨、レーズン、きゃべつなどがあります。

ビタミン

キレイで張りのあるバストを作るためには、他にも、ビタミンAを多く含むレバーや
うなぎ・カボチャ・ほうれん草・ニンジンなども一緒に摂取すると効果的でしょう。

また、体内の血液循環を良くすることでバストの発育が促進されるため、おそばや
豚肉などのビタミンB1を多く含む食品もおすすめです。

最後に重要なのが、「プロゲステロン」を活性化させるニラやニンニク、ほうれん草,
アーモンド、玄米などに含まれるビタミンEの摂取です。

ビタミンEには女性ホルモンの働きを整えてくれる効果があるため、張りのある
バストへと導いてくれます。

バストアップ効果へとの働く成分・食材表

これらをまとめると

成分 バストへの働き 食材・食品
たんぱく質(動物性) 女性ホルモンの働きを活発にする チーズ・ヨーグルト・牛乳・肉・魚・卵
たんぱく質(植物性) 女性ホルモンの働きを活発にする 豆乳・豆腐・納豆などの大豆製品
エストロゲンの分泌を即す ひじき、ぶどう、梨、レーズン、きゃべつ
ビタミンA キレイで張りのあるバストを作る レバー・うなぎ・カボチャ・ほうれん草・ニンジンなど
ビタミンB1 バストの発育促進 おそば・豚肉など
ビタミンE プロゲステロンを活性化させ女性ホルモンを整える ニラやニンニク・ほうれん草・アーモンド・玄米など

バストアップする食品を効果的に摂取するタイミング

019

重要なのが、これらの食品を効果的に摂取するタイミングです。

「エストロゲン」は月経から黄体期の時期に、「プロゲステロン」は黄体期の
次期に摂取するとより効果的になります。

ただ、注意していただきたいのが、一つの食品ばかりを摂取しないことです。

偏った食事をしていると、バストに脂肪がつかない上、女性ホルモンの働きが衰えて、
逆効果になってしまう恐れがあります。

食事でバストアップするためには、栄養バランスのとれた食事を心がけることが、
一番の近道なのかもしれません。

バランスのとれた食事を摂取していれば、自然と美肌も手に入れることができるので一石二鳥です。